株もFXもやったことないけど…暗号通貨始めました!

暗号通貨に関して初心者目線で暗号通貨の悩みを解決しちゃいますッ!!

マイニングについて調べたけど専門用語多すぎて挫折した方へ ③

 f:id:imairyouji:20170806112050p:image

 

前回の記事でマイニングの利益計算方法についてご理解頂けたかと思います。

 

前回記事はこちら

▶︎ [goo.gl/fGP442:title]

 

今回は実際にマイニングに必要な物は何かを分かりやすく説明したいと思います。

 

必要な物はこちら!!

https://ethereum-japan.net/ethereum/how-to-build-a-mining-rig/ ( 引用元 )

f:id:imairyouji:20170806140551j:image

さて必要な部品の名前が普段聞き慣れないものばかりなので全然理解できませんよね…でも大丈夫、ご安心下さい。そんなあなたを助けることがこのブログの役割です。

 

CPU

パソコンの部品としてよく耳にする言葉。人間でいう頭脳にあたる部分になります。どんなパソコンでも必ず搭載されております。

f:id:imairyouji:20170806141810j:image

部品自体は物凄く小さいですが、パソコンを使用する上では最重要部品となります。

 

マイニングに関しては使用率は3%と少ないため検討する際のCPUグレードはCeleronで十分となります。

 

GPU

f:id:imairyouji:20170806144531j:image

あれ?CPUと部品が似てますよね?パソコンの部品って初心者目線だと区別が付きにくくてややこしいのです。しかし、その役目はCPUとは全く異なりGPUは画像処理を専門とした部品になります。

 

パソコンで綺麗に画像や動画をみたり、鮮明な画面でゲームが出来ているのは、他でもないこのGPUがあってこそになります。

 

マイニング関して言えば、前回の記事で説明したように、GPUは利益に直結する部品になります。そのせいか、RX-470というシリーズはプレミアが付き、最安値の2倍の値段が付き販売されております。

 

M/B ( マザーボード )

f:id:imairyouji:20170806145047j:image

さてお次はマザーボードの紹介。マザーボードとはその名の通り母のような存在。細かな部品を1つにまとめ電気回路作り共有する役目があります。先程のCPUやGPUを接続するものになります。

 

上記画像のようなBIOSTAR TB250-BTCというマザーボードGPUを6枚差し込むことが可能で、なおかつ安価なのでオススメです。ちなみに通常は3〜4枚差し込みが多いです。

 

ライザーカード

f:id:imairyouji:20170806150137j:image

ライザーカードとは先程のマザーボードに機能を追加するための基盤になります。主にマイニングではGPUを差し込むスロットを追加する際に使用します。

 

さらには、ライザーカードを使うことでGPU同士を離して設置できるので放熱性にも優れ、結果部品の寿命を伸ばします。

 

RAM

 f:id:imairyouji:20170806151110p:image

RAMやROMという言葉を聞いたことはありますか?CD-ROMは良く聞いたことがあると思いますが同じ意味があります。( 今の子はCD-ROMをもしかして知らない…?? )

 

簡単に説明すると、データを読み書きする部品になります。明確にはRAMとROMには違いがあるのですが、ここでは割愛させて頂きます。

 

マイニングに関しては、パソコンを動かすための最低限のグレードで良いため価格も抑えられます。

 

電源ユニット

f:id:imairyouji:20170806151726j:image

マイニングは365日24時間稼働させる必要がある為、安定した電源供給が必須となります。電源には80PLUSという規格があり6段階で用意されています。

f:id:imairyouji:20170806152207j:image

上記のような認証マークが付いていれば、問題ありませんのでここは妥協をせずに購入すべきです。

 

ケース

f:id:imairyouji:20170806154505j:image

マイニングの部品は強烈な部品を発する為、部品は剥き出しにしてメタルラックに積むのが一般的です。

 

OS

OSとはパソコンを動かす為の基本的なソフトウェアになります。GPUを4枚以上積むとWindows7では不具合が発生する為、Windows10を推奨致します。

 

以上がマイニングをするにあたっての必要な部品となります。最後に部品単体の価格と合計金額のご紹介をして終わりたいと思います。

 

CPU 単価 ¥4,181

GPU 単価 ¥34,580

マザーボード 単価 ¥12,368

ライザーカード 単価 ¥962

RAM 単価 ¥4,018

電源ユニット 単価 ¥22,030

連動起動ケーブル 単価 ¥1,346

ケース 単価 ¥3,678

OS 単価 ¥12,742

 

合計:¥95,905

 

どうですか??

思っていたよりもお値打ちでしたか??

 

しかし、この金額はあくまでGPU1枚での計算になります。より利益を増やす為にGPUを増やしていくとその分費用も増えていきます。ただこの金額でマイニングにチャレンジできると思えばお値打ちかもしれませんね!

 

以上過去記事3回に渡ってマイニングについてわかり易く説明したつもりです。しかし実際にやろうと思ってもなかなか難しいものです。そこで本気でチャレンジしてみたい方、話をもっと詳しく聞いてみたい方が見えれば私にDMまたはコメントを下さい。

 

マイニングのプロをご紹介致します。

事実私もその方の助けがあってこその今です。

 

連絡は下記Twitter又はブログコメント欄にて...

Twitter:@imai_ryouji

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨はCoinCheckがオススメ!!


勉強になったらポチッ!

マイニングについて調べたけど専門用語多すぎて挫折した方へ ②

f:id:imairyouji:20170726150121p:image

 

前回の記事でマイニングをすると儲かるという事を理解頂けたかと思います。

前回記事はこちら↓

マイニングについて調べたけど専門用語多すぎて挫折した方へ ① - 株もFXもやったことないけど…暗号通貨始めました!

 

今回はどうして単月のマイニングで利益額に大きな差が出るのか?という部分に関して専門用語を出来るだけ省いて説明したいと思います。

 

まず初めに大きく関係する要因は2つ。

 

① 電気料金

② マイニングを実行するチップ

※ 業界ではGPUという 

 

この①、②が利益にどう影響してくるのか順番に説明したいと思います。まず初めに前回記事の6月収支を再度見てみましょう。

 

f:id:imairyouji:20170726120139j:image

 

この結果から分かるように、①の電気料金が75,000円掛かっております。これはマイニングをするにあたって常にパソコンを稼働させて、マイニングをする環境を整えているからです。

 

前回記事の収支報告を見て頂くと、各月で電気料金に差がある事が分かります。この電気料金はマイニングをする規模によって変動していきます。

 

もちろん規模が大きくなればなる程、電気料金も高騰していきます。

 

そしてこのマイニングの規模というのが②のマイニングを実行するチップの数になります。チップの枚数が多ければ多い程、売上も高くなりますが、それと比例して電気料金も高くなります。

 

前回の記事の収支報告の4月、5月、6月で売上と電気料金が右肩上がりだったのは、規模拡大に伴うチップの枚数が10枚〜30枚に増えた事が理由になります。

 

ただ注意点としては、チップの枚数を増やせば利益が右肩上がりに増えていく訳ではありません。 ( そんな美味しい話ならここで話しませんよ )

 

先程のチップの枚数がマイニングをする力に直結することには間違いがありませんが、マイニングの報酬を調整しているDiff(ディフィカルティ)という指標があります。( 専門用語1発目許してください。必ず分かりやすく説明しますので… )

 

このDiffというのは、マイニングをするの難しさを表す指標になります。

 

マイニングの報酬はマイニングをする人の数と時間を考慮してDiffが変動していきます。

 

例えば…

1つのチップがマイニングすることで30分1,000円の報酬だったとします。そこにマイニングをする人が増加するとDiffが調整されて1時間1,000円と時間当たり報酬が半分になってしまいます。

 

しかし…

通貨の価値が1コイン1,000円だったものが1コイン2,000円に上がった場合は、報酬が半分になってしまっても報酬としての金額は変わりません。

 

Diffについて詳細を知りたい人はこちら↓

マイナーからみる仮想通貨バブル | マイナー太郎

 

なので電気代と初期費用、Diff等を考慮したうえで自分がどれくらいの規模でマイニングを行い、いつ損益分岐点を超えられるのかを検討する必要があります。( もしかして一気に難易度上がったかな? )

 

このDiffを簡単に把握する方法はもちろんございます。また、利益をより増やす為の方法や利益に関わるその他の要因もございますが、ここでは割愛し別記事にてご紹介できたらと思います。

 

今回の記事では、単純にマイニングによる単純なお金の計算や仕組みをご理解頂けたらと思います。

 

次回の記事では、実際にマイニングに必要なモノや初期費用について分かりやすくお伝え出来たらと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨はCoinCheckがオススメ!!


勉強になったらポチッ!

マイニングについて調べたけど専門用語多すぎて挫折した方へ ①

f:id:imairyouji:20170724204048p:image

 

暗号通貨の投資で儲かったから、さらなる利益を求めてマイニングについて調べると、とにかく専門用語が多すぎて挫折。

 

頑張って読み進めても基礎が無いから、正直半分も理解出来ていない。

 

なので私が専門用語をできるだけ省いて、マイニングを検討している方に解りやすく説明します。

 

その前に大事な事を伝えます。実際にマイニングをすると儲かるのか?( 正直儲からない話は興味もないからね… )

 

 

答えは儲かります

 

 

儲かる為には儲かる為の準備が必要なので、そこは順を追って説明していきます。まず儲かる事を理解してもらえれば、この先も読む価値があるのでこの理解は大事です。

 

大事な事なのでもう1度言います。

マイニングは儲かります

 

では実際どれくらい儲かるのか?

 

私がお世話になっているマイナー太郎さんの収支報告を引用させて頂きます。

http://cryptominingjapan.com ( マイナー太郎様のブログ )

 

収支報告:4月

f:id:imairyouji:20170722125008j:image

始めたばかりの時ですが、いきなり25,000円の利益が出たそうです。

 

収支報告:5月

f:id:imairyouji:20170722125054j:image

 なんと先月の約5倍!!売上は189,000円。電気代が69,000円。電気代でかなりのコストが必要になってきていますが、それでも十分な利益です。( 私ならこの段階でセミニートだな )

 

収支報告:6月

f:id:imairyouji:20170722125057j:image

……

言葉が出ませんね…

これは実際にマイナー太郎さんがブログで掲載している収支報告なので、これが事実になります。

 

 

改めてマイニングが儲かるのだと理解頂けたかと思います。直近の3ヶ月で金額にかなりの差額がありますが、これにはちゃんとした訳があります。

 

その理由は次回の記事で解りやすく説明したいと思います。( この時外の気温は30℃オーバー、書くので精一杯です。記事の見直ししてません!泣 )

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨はCoinCheckがオススメ!!


勉強になったらポチッ!

8月1日に僕たちはどうしたらいいの?

今回は8月1日に予定されているビットコイン騒動に対して、初心者目線でまとめます。

 

現在暗号通貨トレードをされている人の中には主に3パターンの人間がいると思う。

 

1. イノベーター兼ガチ勢

DAO事件よりも前に暗号通貨に関与している方が多く、情報も的確で早いイメージ。

 

2. アダプター兼財産分散勢

メインで他の仕事をこなしながらも、財産を暗号通貨に分散していいとこ取り。但し情報はイノベーターからの天下り

 

3. 小判鮫勢

2017年の暗号通貨バブルをキッカケに参入してきた小判鮫勢。まだまだマジョリティ層とまではいかないが、出遅れた分情報が薄い。

 

そして私は2と3の間に入る中途半端な人間でございます…

 

今回この小判鮫勢の方へ、8月1日どうすべきかを私の見解でお伝えします。

 

結論はホールドです。(トレードをせずにポジションを決めること)

 

8月1日まで残り10日を切ったというのに、毎日毎日情報が右往左往しております。正直何が起きてもおかしくない状況なので、下手に動かすよりもホールドが望ましいです。

 

欲を言えば、分散してホールドすることが望ましいと思っております。個人的にはハードウォレットとbitFlyerでの分散が望ましいかと思います。

 

ハードウォレットなら、今の所大きな脆弱性もありませんので安心です。

 

bitFlyerは難しい話は無しにしてbitcoin保有分だけbitcoin cashが貰えるということなので今の所は分散投資に最適だと感じております。

 

今回はBTCを保有する場合に関してのお話をしましたが、それ以外の通貨に逃す又は日本円に戻しておくことも最善策となりますので、あなた自身のベストプラクティスを考え行動して頂けたらと思います。

 

とにかく日に日に状況が変わり、情報を追うことの方が難しいのが現状ですので、ご自身の保有ポジションを決めたら、後は祈りましょう。

 

投機を投資に変えるのはご自身の信じる力だけではないでしょうか?

 

オワタ٩( 'ω' )و

 


勉強になったらポチッ!

株もFXもやったことないけど暗号通貨始めました Part2

今回は前回の続きでPART2を記載!! 

 

前回の記事を読まれていない方はこちら→株もFXもやったことないけど...暗号通貨始めました!! - 株もFXもやったことないけど…暗号通貨始めました!

 

ビットコインをガチホしていた僕に思いもよらぬ転機が訪れました。

 

そうICOの存在と可能性でした。過去に上場した華やかなICOの存在や期待値をWEB上で知りネットサーフィンを繰り返しました。

 

しかし情報も少なく、当然周りの知人にも詳しい方はおりませんでした。

 

結果無い知識を振り絞り、何と無くでICOに参加することを決めました。

 

↑結果これ!笑

 

その時参加したICO

 

・OBITS

・BLOCKPAY

・ICOO

 

オープンレンジャーという取引所に上場後すぐに売却したので、結果的には数万円のプラスだったかと思います。

 

それよりも、当時オープンレンジャーを使うのにかなり苦労したのを覚えております。

 

この時のオープンレンジャーとICOから学んだ経験はかなり良いものになりました。

 

お金が絡んでいるのもあり、今まで以上に様々なことを調べました。

 

・取引所とは何か?

ICOとは何か?

ICOの購入方法は?

秘密鍵とは?

・コインの売却方法は?

 

基本的なことからマニアックなことまで、何を調べたか覚えていない程です…

 

株もFXもやったことないので、本当に基本的なことから調べました。笑

 

そこからは自分で調べる癖もついてきて、ICOに参加する際はホワイトペーパーを日本語訳して何と無く解析したり、様々な取引所の口座開設を行いアルトコインについて調べたり日に日にトレーダーっぽくなってきた感がありました。

 

そんなこんなで半年ほど、50万円を元手に毎月利益のみを日本円に利確しておりました。そんな短期トレードを繰り返した結果、利益が右肩上がりで、それに伴い自信も右肩上がりについてきました。

 

→ 当時1万円分のBTCしか保有していなかったのに気付いたら50万円保有してました。笑

 

振り返ればバブルの前兆だったので、当然の結果だったのですが、自信を持つのには最高の環境でした。

 

そこで2017年5月暗号通貨バブルが発生しました。

 

50万円のアルトコインたちは19倍の950万円まで膨れ上がり正直ビビりました。

 

これがバブルかと…

 

2017年6月現在

 

まだ利確はしていないのであくまで含み益になりますが、過去株まFXもやったことありませんが、投資の醍醐味を今実感することが出来ました。

 

しかし、まだまだバブルはあと2、3回あるかと思っております。

 

そこに向けての長期保有とブログのネタとして、短期トレードをしていきたいと思います!笑

 

僕がこんな大金を持つことが出来たのは、少ない情報でもとりあえず突っ込んだことにあります。

 

この記事を見てくれたあなたも迷われているなら一言言いたい!

 

迷うなら今すぐやれ 』です。

 

仮に負けても悲しみはしれてます。

 

迷っている今でさえ市場は動いています。今やらないことで本当は得ることのできた利益を無駄にしています。

 

迷うなら今すぐやれ

 

この言葉を1つあなたの原動力にして頂ければ幸いです。

 

さてトレードしてきまーす!笑

 


勉強になったらポチッ!