Bitcoin Japan

暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

「Schnorr署名」がもたらす変革!!

f:id:imairyouji:20170925105545j:plain

 

つい先日Bitcoin core 0.15.0 がリリースされてUTXOについて記事を掲載させて頂きました。今回はUTXOの基礎知識があることをふまえて、次期アップデートでリリースが期待されている「Schnorr署名」についてお伝えしようと思います。なるべく短く簡潔にお伝えすることを心掛けます。(以下「シュノア署名」とする。)

 

電子署名というと「RSA 署名」や「ECDSA 」などが有名です。その他にも無数の電子署名方式があり、「シュノア署名」もその中の1つとなります。下記にそれぞれの引用を添付させて頂きます。

 

RSA署名とは…

桁数が大きい合成数素因数分解問題が困難であることを安全性の根拠とした公開鍵暗号の一つである。 暗号とデジタル署名を実現できる方式として最初に公開されたものである。http://www.weblio.jp/content/RSA署名 

 

ECDSAとは

ECDSA Elliptic Curve DSA の略で、DSA の改良版。アメリカ政府標準の方式として使われてきたのが DSA だ。アメリカ政府が使う電子機器の仕様を決めた FIPS によって FIPS 186として定義されている。http://www.nttpc.co.jp/yougo/ECDSA.html 

 

なるべく簡単な引用を探したがどれも難しく、正直理解するには専門知識が必要。もし分かりやすく解説できる方がいればコメント欄にて共有をお願いしたい。全ての理解は難しくても、こういうもんなんだとニュアンスを捉えて頂ければありがたいです。

 

そしてシュノア署名とは…

1989年ごろにC.P.Schnorr氏により発明されました。 しかしながら発明と時を同じくしてアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) により DSA が提唱されたことや、 2008年まで Schnorr自身の取得した特許により保護されており自由に利用できなかったなどの政治的な理由であまり利用されて来ませんでした。 しかしながら理論的側面だけに注目すると他のどの電子署名方式と比較しても計算が単純で分かりやすく、 またセキュリティ的な根拠もしっかりしていることなどから近年注目を集めています。

https://blog.visvirial.com/articles/721

 

そして、ビットコインSegwitが導入され、次に期待されたいる技術がシュノア署名という新しい署名方式です。

 

ちなみに2017年9月現在は、上記で説明したECDSA署名が使用されております。このシュノア署名は、その他の署名方式に比べて署名がコンパクトで、現在よりも署名検証のスピードが速いと言われております。特徴の1つとして複数の署名を1つに統合できる点と言われております。前回の記事でUTXOについて「UTXOの容量問題を解決し削減するためには、1つのブロックに複数のinputを入れる」「複数のinputを入れ込むとデータ量が増えて、手数量が増えるがsegwitにて解決された」などと説明させて頂きました。

 

crypto-currency.hatenablog.jp

 

従来までは、この1つのinputに対してそれぞれ署名が必要でした。そしてその署名の分だけデータ量が増大していき手数量が増えてしまっていたのです。シュノア署名が導入されれば署名を1つにまとめることができ、サイズがとてもコンパクトになります。サイズがコンパクトになればトランザクション全体のサイズも小さくなり、スケーラビリティ問題にも大きく貢献します。

 

次期アップデートは3月上旬ごろになります。シュノア署名の実装が確定しているわけではありませんが、可能性としては大きくビットコイン復旧に大きく貢献する技術の1つとなるので注目していきたいと思います。

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

#イーサリアム #Ethereum #ICO

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近よく聞くUTXOとは何…?

UTXO:Unspent Transaction Output

 

Bitcoinの履歴を遡るにはどうしたら良いだろうか?

 

多くの人は「ブロックチェーンを遡る」と答えるだろう...

確かにブロックチェーンを遡ればすべての履歴を閲覧することが可能です。しかし、その履歴を1件1件確認していくことの大変さは容易に想像がつくことでしょう。

 

実際はブロックチェーンのデータとは別に、UTXOデータベースというのを作っています。これはブロックチェーンの情報を元にして作られる別のデータベースで、新しいブロックが生成されるたびに更新されており、Bitcoinによる処理の大半はUTXOのデータベースを参照しております。結果、すばやく検索や参照ができるようになっております。

 

このUTXOは「chainstate」というデータベースで管理されており、Bitcoin Coreがバージョン「0.8.0」より実装されました。この変更によりデータサイズが大幅に削減され、ノードはフルトランザクションインデックスを保持する必要がなくなり、bcoinやbtcd、NBitcoinなど他の実装でも一般的な実装方法として採用されました。

 

しかし、バージョン「0.8.0」のUTXOには脆弱性が見つかりました。

 

それはデータベースからトランザクションを確認や検証をする際には、性質上、全アウトプットを含むデータをロードする必要があり、必要なデータが1つのアウトプットであっても、全てのデータをロードする必要がありました。その際にデータの容量が過度に大きくなると、受信したノードがメモリー不足に陥りネットワークがクラッシュしてしまうのです。 さらにこのUTXOのデータ量は年々増加傾向にあり、ユーザーが増え活発になればなるほど増加していきます。

 

下記に全期間のデータ量をグラフ化した画像を添付致します。

f:id:imairyouji:20170921222719p:plain

 

トランザクションを確認する際に、全データのロードが必要になるので、データ量が増加していけばいくほどネットワークのクラッシュに繋がってしまうのです。

 

そこでUTXOのデータ量を削減するために、送金や管理の際に、なるべく1つのブロックにコインをまとめることが望ましいのですが、逆に1度の送信にかかるデータ量が増え、手数料の増加に繋がるためユーザーからすると望ましい手段ではありませんでした。

 

しかし、これらの問題は先日リリースされたバージョン「0.15.0」「segwit」の実装によって改善されました。

 

まずバージョン「0.15.0」により、以前は全トランザクションのロードが必要だったのに対し、1つのトランザクション毎(アドレス毎)にロードが出来るようになりました。それにより10〜20%のメモリーが削減され、UTXOの作成スピードも30〜40%向上しました。しかし、1つのトランザクション毎での生成が可能になったため、スペースは以前よりも必要になっております。

 

そして「segwit」の実装によって、送金や管理の際に、1つのブロックにコインをまとめることで手数料の削減効果も期待できます。segwitはInputデータ(入力データ)を取引内に含めないため、どれだけ小さな取引をまとめてもデータ量に変化はありません。 これらの実装により、UTXOのデータ量を削減することができ、データベースの管理も容易になりました。

 

今後もこの「UTXO」は多くの場面で名前を聞くことになるので、基礎知識として記憶しておくと良いでしょう。

 

このバージョン「0.15.0」のリリースは中国の仮想通貨規制の混乱中に発表がありました。各種通貨の価格が上下している中で、毎日前進しているのは素晴らしいことです。このBitcoinの技術的な動向は今後も目が離せません。

 

次のバージョンアップ「0.16.0」のリリースは半年後となっております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

#イーサリアム #Ethereum

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

毛利アンダーソン常松法律事務所によるICOトークンの分類

f:id:imairyouji:20170920215829j:image

毛利アンダーソン常松法律事務所によるICOトークンの分類

 

毛利アンダーソン常松法律事務所とは….
アンダーソン・毛利・友常法律事務所は、1950年代初頭より日本における本格的国際法律事務所の草分けとして、常に第一線で活躍してきた総合法律事務所。その拠点網は、国内では東京のほか大阪および名古屋に、また、海外では北京、上海、シンガポールホーチミンバンコクジャカルタ等のアジア諸国にも及び、海外ビジネスを拡大する国内外の依頼者の需要に応えております。


ICOで使われるトークンは資金調達の手段として仮想通貨との交換に使用され、国内外問わず低廉な送金手数料で集めることができる。さらに投資家はそのトークンをサービス内での活用。取引所による売買等流動性があるという見解には共感しました。


[ 毛利アンダーソン常松法律事務所によるICOの分類 ]
①「仮想通貨型」トーク
② 「会員権型」トーク
③ 「プリペイドカード型」トーク
④ 「ファンド持分型」トーク
⑤ 「アプリケーション・プラットフォーム型」トーク


ビットコイン研究所の大石さんが説明しているICOに関しての視点の違いには納得した。私を含めて改めて仮想通貨、ICOの本質を考える記事となっている。


http://doublehash.me/token-category/

 

それ以外に今回の毛利アンダーソン常松法律事務所からのニュースレターで気になった点としては、2016年4月から5月にかけて販売された「The DAO トークン」が、米証券取引委員会にて1933年証券法及び1934年証券取引所法上、証券に該当し、募集・売出しをするためにはSECへの登録等が必要であるという見解が公表されたことである。

 

いわゆる④の「ファンド持分型」トークンに分類されるものになります。

 

現在、SECのレポートにおいて、明示的に証券に該当するとされたトークンは「The DAO」のみではあるが、同様のトークンは数多く存在する。ICO時のホワイトペーパー等には「証券に該当しない」と明言しているところもあるが、私としてはただの言葉遊びに過ぎず、いつ同様の見解が示されてもおかしくないと感じている。


最後に各国の当局の見解を一文掲載しておきます。

 

[ 米証券取引委員会:SEC ]
2017年7月25日。トークンを保有している割合に応じて、トークン発行者が行う事業からの収益の分配や配当があるものについては、米国法上、証券に該当する可能性がある。

 

[ シンガポール金融管理局 ]
2017年8月1日。仮想通貨そのものは現時点で規制されないとしつつ、発行者の資産をトークン化したものや、負債をトークン化したものは、証券先物法(SFA)により規制の対象となり、MASに目論見書を登録する必要がある。

 

[ 中国当局による公告]
2017年9月4日。ICO を禁止するとのこと。中国国内での ICO は違法であり、公告発出後直ちに禁止され、ICO による資金調達 を完了した個人又は団体については、投資家に対して調達資金を返還しなければならないとされている。そして現在各取引所は停止や廃止を決めている。

 

[ 香港証券先物委員会による声明SFC ]
2017年9月5日。ICOによるトークンは仮想商品扱いとして証券には該当しないとのこと。しかし近時、シンガポール金融管理局と同様に、発行者の資産をトークン化したものや、負債をトークン化したものは規制対象業務となり、トークンの取引やトークンに関する助言、トークンに対する投資に係るマーケティングや投資された資金の運用行為も規制対象となる。その際にはSFCにて免許又は登録が必要である。

 

[ 英国金融行為規制機構による警告:FCA ]
2017年9月12日。ICO に関する消費者向けの警告を発出。多くのICO は規制対象とならないとしているが、投資家に対してリスクの高さを警告している。

 

Bitcoin Japan

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook
https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter
https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソース元
https://www.amt-law.com/pdf/bulletins2_pdf/170915.pdf

ビットコイン研究所
http://doublehash.me/token-category/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨
#イーサリアム #Ethereum

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!

中国の暗号通貨さらなる規制の可能性

f:id:imairyouji:20170918131321p:image

 

【 速報 】

 

中国のICO禁止や中国国内での取引所の停止や閉鎖に加えてさらなるネガティヴニュースが出ております。

 

 

『 9月30日までにBTC 交換をブロックするために、次の技術的な3つの方法を実行するとのこと 』


 

1. VPNやアプリ、WEBサービスを使用したCoinbase、Bitfinex、Localbitcoin を含む中国本土からの主要な BTC取引所へのアクセスをブロックします。



2. BTCノードへのアクセスをブロックします。

 

3. In the GFW, with DPI identification, the BTC network would be forced to abandon the sync of BTC (Block) exchange.

 

※ 3つ目の英文に関しては翻訳しきれなかったので、どなたか翻訳のご協力お願い致します。

 

ソース元はこちら
▶︎ https://pastebin.com/6vKp6rh6

 


まだFUDの疑惑や信憑性は分かりませんが、今回の取引所停止の停止に関して学ぶのであれば警戒はしすぎるくらいでいいのではないかと思います。

 

もし本当に上記内容が実行されれば、中国によるビットコインによる事業は一時的に大ダメージを受けます。

 

国内のみの取引所の停止に留まらず、海外取引所の使用を禁止されれば必然的に『 売り 』が強くなり、さらには関連サービスへのアクセスもブロックされるとのことで大幅な下落も考えられます。

 

ブロックというのは、停止を意味します。

 

さらなる悲劇として、現在はマイニング事業に関しての停止や閉鎖といった告知はありませんが、今回の規制で可能性が『 0 』ではなくなりました。

 

中国のマイニング事業が停止を宣告されれば、BTC自体に大ダメージは免れません。下記画像を見ると分かるように中国国内のハッシュレートが大きいことから容易に想像が出来ます。

 

f:id:imairyouji:20170918131401p:image

 

10月18日の『 第19回中国共産党第十九回全国代表大会 』が終わるまでは下落ムードが続くとも言われておりますので、まだ真意は分かりませんが十分に警戒しておきましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はてなブログ」 更新中。
いつもご愛読頂きありがとうございます。
http://crypto-currency.hatenablog.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

ICOの結果をリストで確認

f:id:imairyouji:20170918003841p:image

 

【 便利ツール 】

 

ICO Stats
https://icostats.com/
_____________________________________
過去に行われたICOはどうなっているのか?儲かったのか?気になりますよね。そんな悩みを解決してくれるのがこのサイト。ICOをリスト化して現在の価格やICO時の価格。どのICOがどれだけリターンを得られたのかを確認することができます。なんといってもそれらをランキング形式に表示出来るのがポイント。ICOの履歴や過去を確認するサイトも増えてきておりますが、UI等も見やすくオススメとなっております。

ちなみに「ICO PRICE」という欄がプレセール時の価格。「CURR. PRICE」という欄が現在の価格となっております。

 
Crypto Compare
https://www.cryptocompare.com/
_____________________________________
ある種の暗号通貨関連の百科事典のようなものです。各種通貨、取引所、ウォレット、マイニング機器などがリスト化してあり、レビューの確認により他のユーザー様の意見を確認することができます。視覚的に見やすいUIですので、英文になっておりますが特に問題なく確認が出来ます。GoogleChromeをご使用されている方は、自動翻訳によりスムーズに中身を確認することができます。

 
Coin.dance
https://coin.dance/
_____________________________________
Bitcoinブロックチェーンのグーグルでの検索ボリュームの統計。コミュニティーの人口統計。ノードの統計。等を確認出来るWEBページ。このように各種データをグラフとして視覚的に確認出来るサイトは重宝しております。

 

今回も筆者が使用しているWEBサイトを3つ紹介させて頂きました。前回から便利なサイトという趣旨で様々なサイトを紹介させて頂きましたが、いきなりすべてを使いこなすのは困難だと思いますので、状況に応じて必要な時に確認する癖をつけることで、1歩踏み込んだ考察が出来るのではないかと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はてなブログ」でも記事更新をしております。
もしよろしければご覧くださいませ。
http://crypto-currency.hatenablog.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#暗号通貨 #仮想通貨 #ビットコイン #ブロックチェーン