CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

indiv1レポート

f:id:imairyouji:20180211212945p:plain

 

CoinPicksのオンラインサロンでは@indiv_0110 様から、毎週定期レポートを頂き配信しております。今回その中の1本だけ限定公開致します。

 

----------------------
" DEXと匿名通貨とFungibility "
----------------------

Coincheck事件があった今、非常に重要な項目で考察を頂いているのでご覧ください。

 

DEXの代表例はEtherDeltaやRadarRelayですが、これらの特徴は中央集権的な主体(CoincheckBitFlyer、Poloniexなど)の主体をトラストすることなくトレーディングができるという点です。例えばCoincheckでトレードを行う際には...

 

▶︎ 続きはこちら

drive.google.com

LINE社の仮想通貨市場参入

 

CoinPicksのオンラインサロンにて配信しているレポートの内容を一部ブログにてご紹介しております。当サロンでは、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

オンラインサロンはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/761/

 

 

Picks

日本で最も人気のあるSNSのLINEは、「LINNEファイナンシャルコーポレーション」という子会社の設立を発表し、仮想通貨取引所の運営をするために、金融庁へ申請を行った。現在申請は継続中。



LINE社の仮想通貨市場参入

日本で最も人気のあるSNS、LINEは仮想通貨の取引所設立の計画を発表した。ラインコーポレーションは既に、同国の金融規制当局へ仮想通貨交換業の登録を申請を行いました。

 

同社はLINE PAYをフォローアップし、ファイナンスビジネス分野における地位をさらに強化するために、「LINNEファイナンシャルコーポレーション」という子会社の設立を発表した。今後、LINEアプリから仮想通貨、ローン、保険などの交換や取引を含む様々な金融サービスを提供するための準備を進めるために、この新会社をベースにしていきます。

 

LINE PAYは、LINEチャットアプリにリンクされたモバイル送金と支払いサービスです。

 

2014年に発足し、日本全国の30以上の銀行と取引を締結し、プラットフォームとして即座に取引ができるようになりました。同社の発表によると、LINE PAYの登録ユーザーが4000万人に達し、昨年のグローバル取引量が450百万円(414万米ドル)を超えたと主張しております。しかし同社は、新しい仮想通貨取引所がLINE PAYに統合されるかどうかは未定。




金融庁の審査は実行中

昨年4月に日本で決済サービス法が施行されて以来、仮想通貨取引所を運営する企業はすべて、金融庁(FSA)に登録する必要があります。同社は現在金融庁にて審査中とのこと。

 

最近のCoincheckハッキング事件の影響もあり、FSAは慎重な審査を行っている。通常、登録承認をするのに2カ月かかるが、現在は4カ月以上にわたってレビューされている。

 

Linear Corporationの社長兼最高経営責任者(CEO)の上澤毅は、「セキュリティはラインの優先事項だ」とコメントした。

 

韓国で最も人気のあるチャットアプリ「カカオトーク」が支援しているUpbitは韓国で最大の取引所tなった。その際にLINEは取引所の発表をした。Upbitは米国のBittrexとの提携により120種以上のコインをリストアップしているが、LINEが今後何種類の通貨をサポートしていくのかは未定だ。




考察

これはご存知の方も多いニュースとなるが、筆者としては非常に注力するべき点だと感じている。日本国内の人口約1億2600万人に対して、LINEのユーザー数は約7000万人。単純計算約56%の国内ユーザーが存在する。bitFlyerが2017年11月2日に行ったキャンペーンの際に「ユーザー数100万人」という告知をしていたので、そのデータを参考にするとLINEユーザーのたった「1%」でも取引所の活用に繋がれば70万人とbitFlyerのユーザー数にほぼほぼ近づいてしまう。LINEの影響力から1%という数字はまずありえないので、間違いなく国内最大手の取引所になっていくことが想像できる。

 

ちなみに世界最大の取引所Binanceのユーザー数は300万人。

 

さらにLINEのユーザー数は国内のみに留まらない。台湾、タイ、インドネシアと今後の鍵を握る発展途上国のメインSNSとしての地位を勝ち取り、先日はソフトバンクからの資金提供も受け、今後のユーザー数拡大と「LINEファイナンス」の活用の幅に期待を抱くばかりとなる。

 

さらにいえば、主要SNS仮想通貨取引所の相性の良さは既に近しい事例があり、利便性の拡大を裏付ける根拠もある。それはLINE自身もっとも参考にしている企業、テンセント社の「Wechat(微信)」

 

Wechatは中国約14億人という大国で約11億人が使用しているSNSです。従来のチャット機能に「Wechat PAY」という決済機能が付き、アプリ上で電気代や家賃、買い物まであらゆるものの決済が1つのアプリ上で完結してしまう。

 

このWechat内で生活アルゴリズムが組まれ、コミュニティーが形成され、ユーザーの利便性を向上させ、飽き性である中国人ユーザーの心を離さない。

 

ご存知の通り、中国国内では仮想通貨取引所の利用が停止しており、事実上売買をすることができない。しかし、取引所がなくても中国人投資家や個人はWechat内でコミュニティーを活用し個人間取引(P2P)を行っている。もはや取引所がなくても、政府に仮想通貨の禁止を言い渡されても、この動きを止めることができない程までに「イノベーション」を与えている。

 

LINEはこの動きを見て、今後どのようなプラットフォーム形成をしていくのか非常に注目すべき点なのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CoinPicksオンラインサロン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインサロンはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/761/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://news.bitcoin.com/japan-popular-chat-app-launching-cryptocurrency-exchange/ 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CoinCheckのNEM流出から学ぶ資産の管理方法

 

CoinPicksのオンラインサロンにて配信しているレポートの内容を一部ブログにてご紹介しております。当サロンでは、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

オンラインサロンはこちら

■ https://lounge.dmm.com/detail/761/

 

 

Picks

仮想通貨は2009年にビットコインから始まり、政府や国に管理されない分散された「非中央州権」としての可能性から、今日まで多くの人に支持を受けてきました。

 

仮想通貨の根本は、政府や国の管理を受けず自分たちで資産を守り運用していく、100%自己管理の世界。資産の自己管理として、選択すべきはハードウォレットであり、自身の状況に見合ったハードの選択をしてください。




NEM流出から学ぶこと 

2018年1月26日午前0時2分〜午前8時26分の間にXEMが5.4億XEM、日本円にして約620億円以上の計10回程の不正送金が行われました。

 

ここでまず初めに筆者の見解をお伝えしておきますと、Coincheck社の資産管理方法には確かに疑問を感じますし、ホットウォレット(*1) からコールドウォレット(*2) への管理移行が技術的に難易度が高かったとしても、顧客の資産を預かっている以上は「非」があることには間違いはないと感じます。

 

しかし、仮想通貨市場における認知や取引所におけるUX、UXなど、市場拡大においておおいに貢献して頂いていることに関しては感謝しかありません。

 

さて、今回の「NEM(XEM)」流出において、ユーザーが学ぶべきこととは何でしょうか?

 

取引所の厳選なのか?

 

投資すべきコインなのか?

 

いいえ違います。仮想通貨は2009年にビットコインから始まり、政府や国に管理されない分散された「非中央州権」としての可能性から、今日まで多くの人に支持を受けてきました。

 

つまり仮想通貨の根本は、政府や国の管理を受けず自分たちで資産を守り運用していく、100%自己管理の世界なのです。

 

そして「自己管理」の必要性はMt.GOX事件(*3) やDAOハッキング事件(*4) 、Bitfinexのマルチシグが機能しなかった(*5) ハッキング事件など、過去が何度も教えてくれています。

 

しかし、歴史は繰り返すもので、流動性や手間を惜しみ、ハッカーの刃が自身に向くとも考えず、取引所に自身の資産を保管していたユーザーもまた、自己責任であり、自身の大切な資産を投資するにあたって、投資先の過去や保管方法を調べ学ぶのはユーザーの義務ではないかと感じております。

 

*1 ホットウォレット:常時ネットワークに接続された環境にあるウォレットのこと、不正アクセスによって仮想通貨を第三者に送金されてしまう可能性がある。

 

*2 コールドウォレット:ネットワークから隔離された環境に秘密鍵を保存しておくこと。または残高確認専用のウォレットのこと。

 

*3 Mt.GOX事件:https://btcnews.jp/bitcoin-document-013/

 

*4 DAOハッキング事件:送金機能のバグと分割機能により、攻撃者からハッキングされ、ザ・ダオが保有するイーサリアム3,641,694ETH(約65億円)の資金が流出してしまいました。

 

*5 Bitfinexのマルチシグが機能しなかった事件:取引所としてマルチシグを導入していたが、鍵を管理していた第三者機関が、Bitfinex内の送金に対して、精査無しに全てを許可していた為、マルチシグの機能を果たさず資金流出に繋がった。




資産を守る手段

取引所に資産を保管してはいけない。

 

ではどこにどのようにして保管するのか?

 

1.ハードウォレットを使用して保管する。

 

筆者が1番オススメする方法で最も安全な管理方法です。目次「ハードウォレットの選択」にて詳しくご説明致します。

 

2.専用ウォレットで保管する。

 

ハードウォレットに対応していない通貨であっても、公式から専用ウォレットが出ていたりするので、自信が魅力を感じた通貨にまずウォレットが存在するのかの確認をすることをオススメ致します。ウォレットがない通貨は投資先としてはナンセンスだと判断するのも、自身の資産を守る為の判断基準としての選択肢の1つになります。




ハードウォレットの選択

ハードウォレットでの保管を検討するのであれば、自身の保有コインやUI、UXから購入するハードを選択する必要があります。

1.Ledger Nano S

 

公式:https://www.ledgerwallet.com/products/ledger-nano-s

Zaifhttps://zaif.jp/ledgerwallet

価格:約¥10,000前後

対応通貨:BTC / LTC / DASH / Zcash / ETH /ETC / ERC20 / XRP / Stratis / Dogecoin

 

Ledger Nano SシリーズになってからはTrezorに負けないセキュリティやUIになっております。特にERC20トークンをMEW経由で保管したりXRPを保管したりとアルトコインの保管に関しては一歩抜き出ております。注意したいのはアップグレード時に手作業による24個のパスフレーズの入力が求められ、この時にパスフレーズを控えていないとセルフゴックス(コインの紛失)となっているため注意してください。

 

機能紹介

複数アカウント管理(同一の復元フレーズから複数のアカウントを作れる)

・複数アドレスへの一斉送金

・手数料のレベルの設定(複数の手数料レベルが選べる)

・全額送金機能(自動計算をしてくれる)

・為替機能(送金時にBTCだけではなくFiatの為替のレートを取得)

電子署名(任意の文字列に、保有アドレスの秘密鍵を使って電子署名が可能)




2.Trezor

 

公式:https://shop.trezor.io/

Zaifhttps://zaif.jp/trezor

価格:約¥12,000前後

対応通貨:BTC / LTC / DASH / Zcash / ETH /ETC / ERC20 / Namecoin / Dogecoin

 

ウォレット機能やセキュリティ面で非常に定評があり、UIも非常に使い易い印象。未使用アドレスの生成やアドレス一括送信、PCと接続していなくても残高が確認できるなど、最も機能性にすぐれ、使用者も多いハードウィレット。上級者にも嬉しい機能が多く付いております。

 

機能紹介

複数アカウント管理(同一の復元フレーズから複数のアカウントを作れる)

・アドレスの生成(20個まで未使用分を作成できる)

・複数アドレスへの一斉送金

・手数料のレベルの設定(複数の手数料レベルが選べる)

・全額送金機能(自動計算をしてくれる)

・ラベル保存機能(取引に自分用のメモやラベリングができる機能)

・非接続時表示(ハードウェアの非接続時も残高、アドレスなどが確認できる機能)

・為替機能(送金時にBTCだけではなくFiatの為替のレートを取得)

電子署名(任意の文字列に、保有アドレスの秘密鍵を使って電子署名が可能)

・Unconfirmed txの送金




3.KeepKey

 

公式:https://www.keepkey.com/

コインギフト:https://coingift.jp/invoices/create/57908787-e2ec-4e55-905d-04f16c3db725

価格:約¥14,000前後

対応通貨:BTC / LTC / DASH / ETH / Dogecoin

 

機械自体のUIが非常にクールでユーザーに人気のハードウォレット。Trezo同様未使用アドレスの生成が可能となっておりますが、その他の機能で上記のハードウォレットに劣ります。しかし、シンプルさに関しては飛び抜けているので、初心者には安心して使用していただけます。

 

機能紹介

複数アカウント管理(同一の復元フレーズから複数のアカウントを作れる)

・アドレスの生成(20個まで未使用分を作成できる)




購入時の注意事項

上記URLは正規ルートとなります。

ニセモノ等も多く出回っておりますので中古屋フリーマーケット等では購入はしないことをお勧めします。また、他人から譲りうける等、公式以外の第三者から提供されたものもオススメしません。なぜかと言いますと、仮に秘密鍵などのパスフレーズを控えられていたもの、流出されたものがあなたの手に渡った場合、そのウォレットにコインを保管していても、第三者はあなたの資金に容易にアクセスすることができ、コインの紛失可能性が高まります。

購入時の選択として、ビットコインをメインに保管している方には「Trezor」。幅広いアルトコインを保管している方には「Ledger Nano S」がお勧めです。筆者はLedger Nano Sを2台所持しております。最近私も知ったことになるのですが、上記の3機種とも「BIP39/44」という規格になるため互換性があります。つまり作った復元フレーズさえ保管していればどの機種でも復元可能といういうことです。その他にもMulitibit、Mycelium、Electrum、Co-payなどウォレットの規格で、BIP39/44準拠とあるものは基本的に互換性があります。

最後に「秘密鍵」の保管方法ですが、CryptoSteelがオススメです。通常オフラインのネットワークや紙、厳重なセキュリティーを保った状態での管理が当然ですが、以外と難易度が高く、難易度が低い「紙」の保管では消えてしまう心配もある。

 

そこで、耐熱性のあるステンレス板で、復元フレーズを記録しておくことで、ハードルを低く安全に「秘密鍵」を保管することができます。

 

CryptoSteel

公式:https://cryptosteel.com/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CoinPicksオンラインサロン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインサロンはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/761/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国のマイニング事業者は50%価格が落ちても生き残る

今回はオンラインサロン用に配信しております、レポートを解放致します。オンラインサロンでは、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

 

CoinPicks公式アカウントはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

 

Picks

中国のマイニング事業者はBitcoinの価格が50%落ちたとしても、まだ利益を得ることができる。しかし、この基準は1キロワットあたり0.03ドル(約3.3円)での予測とされている。そして、現在規制による懸念からマイニング業者は他国に焦点を当てております。




中国のマイニング事業者は50%価格が落ちても生き残る

中国のマイニング事業者はBitcoinの価格が50%落ちたとしても、まだ利益を得るだろう。損益分岐の最低ラインは3,689ドル(約41万円)と予想されている。

 

ここ数ヶ月で中国の暗号通貨市場は荒れている。このような問題があるにもかかわらず、一部の中国人は依然として暗号通貨による利益を得ている。ブルームバーグの報道によると、「Bitcoinマイニングの収益が50%落ちても、事業者がマイニングでお金を稼ぐことができる。」とのこと

 

中国におけるマイニングの高い収益性は、主に電力コストの低さによるものです。電気が最も高価な地域であっても、単月のBitcoinのマイニングに必要な電力は約6,925ドル(約77万円)です。ブルームバーグ・ニュー・エナジーファイナンスは、中国の電力価格はキロワット時に0.03ドル(約3.3円)から0.13ドル(約14.4円)になると報じた。損益分岐の最低ライン3,689ドル(約41万円)というのは1キロワットあたり0.03ドル(約3.3円)での予測とされている。

 

これに対して、米国の平均キロワット単価は、住宅の場合は約0.12ドル(約13.3円)、2016年の産業顧客の場合は0.06ドル(約6.68円)です。




低コストのマイニングが高価な環境になる

安価なエネルギーを得るためにはコストがかかります。2015年12月初旬、Bitcoinネットワークを稼動させるために必要なエネルギー量は、150以上の国々のエネルギー摂取量より大きかったとVox(*1) は報告しました。中国は、世界で最も大きな炭素排出量を誇っています。一部の見積もりでは、その70%以上が化石燃料を使って発電されています。

 

中国の政治的不安定性、特に暗号通貨市場については、中国のマイニング事業者にとっても懸念事項である。マイニング事業の禁止に関する噂が2回以上流れている。

 

その結果、マイニング業者は他国に焦点を当てております。カナダのケベック州では、電気料金は2.48セント(約2.76円)と報じられており、環境がはるかに優れております。 CoinDeskによれば、ケベック州は「世界最大の水力発電会社の1つ」である。

 

また、ケベック州の涼しい気候はコスト削減に適しています。

 

いずれにしても、世界中のマイニング業界は、Bitcoinネットワークが中国(またはその他の国)のマイニング事業の突然の停止により重大な崩壊リスクにさらされないほどの利益を上げています。しかし、Bitcoinを採掘するために必要なプロセスがより困難になり(そしてより多くの電力を消費するため)、世界はBitcoinの採掘をどこで行うかを真剣に再検討しなければならないかもしれません。

 

*1 Vox:ニュース解説メディア。https://www.vox.com/




考察

中国の電力価格は1キロワット辺り0.03ドル(約3.3円)から0.13ドル(約14.4円)と言われておりますが、日本国内は果たしてどうなのか?

 

私がマイニングを事業として行うにあたって何社か検討したデータに基づきますが、法人での契約で通常であれば、約1キロワット当たり約17円が平均的な数字でした。国内で自然エネルギーを使用してようやく8.5円辺りまでが限界値でした、国内で1キロワット当たり8.5円まで交渉できたのは、自身でも最安値と感じておりますが、その分マイニング機材の方が高騰してしまい、損益分岐点は非常に高いものとなってしまいました。

 

以上の事柄を検討すると、中国国内の1キロワット当たりの単価がいかに安いかご理解頂けるかと思います。この安さが同国でマイニング事業が発展し多大なハッシュパワーを集めている要因になります。

 

そして、今中国国内のマイニング事業者は国内での運営を検討しており、より分散化が進んでおり非常に好感を持ちます。今後のマイニングによる重要な観点は分散化と自然エネルギーを使った環境に優しいマイニングへの取り組みだと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連リンク先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook - Bitcoin Japan

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter - 管理者

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

CoinPicks公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/even-bitcoin-fell-50-chinese-miners-still-profit/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Visaは数十万のデビットカードをブロック

今回はオンラインサロン用に配信しております、レポートを解放致します。オンラインサロンでは、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

 

CoinPicks公式アカウントはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

 

Picks

Visaは、Wave Crest(*1) から発行されたプリペイドクレジットカードをブロックしました。影響を受けるのは、AdvCash、TenX、Xapoなどの国際的なプロバイダです。約20万人のお客様がTenXの影響を受け、今後数週間で新しいカードを受け取ります。

 

*1Wave Crestデビットカードプリペイドカード)ソリューションと電子マネーサービス、決済サービスを提供する会社。https://www.wavecrest.gi/about-us/




Visaは数十万のデビットカードをブロック

Visaは、Bitcoin等の暗号通貨で請求可能なプリペイドクレジットカードをブロックしました。影響を受けるのは、少なくともドイツのクレジットカードを提供していたAdvCash、TenX、Xapoなどの国際的なプロバイダです。

 

クレジットカード保有者は金曜日に、チャージ可能なクレジットカードが現在はプラスチックになっていることを知らされています。

 

クレジットカード会社は、発行銀行に対し、すべての前払いされたクレジットカードを直ちにブロックするよう指示した。この銀行はジブラルタルに拠点を置く「Wave Crest Holdings Limited」であり、AdvCash、TenX、Xapoなどの発行銀行として機能しています。

 

Tenestの社長兼共同設立者Julian Hospは、YouTubeのライブストリームによる臨時の記者会見で、暗号化通貨に対する一般的なストライキではなく、発行銀行のWave Crestに限定したと述べた。したがって、できるだけ早く顧客に新しいクレジットカードを用意します。銀行のライセンスによって、もはや仲介者は必要ありません。約20万人のお客様がTenXの影響を受け、今後数週間で新しいカードを受け取ります。

 

発行銀行のWave Crestがクレジットカード保有者に金曜日の午前中に電子メールで直接通知したため、かなりの数の者がメッセージをフィッシング詐欺のように誤解している可能性があります。結局のところ、クレジットカードを注文した会社(AdvCash、TenX、Xapo)から連絡がなかった為、多くの人がWave Crestが発行銀行であることを知らないかもしれません。

 

偽名で発行されたBitcoinクレジットカードは、恐喝や麻薬を現金に変換する一般的な方法であり、「auscashen」(*2) の専門用語で話しています。外国の名前で申請されたそのようなカードは、支払い範囲に応じて、異なる市場で100から300ユーロで購入することができます。

 

Bitcoin支払いサービスプロバイダBitPayの公式声明では、米国の顧客のBitPayクレジットカードは引き続き機能すると述べている。これらは明らかに別の銀行からのものです。Wave Crestのカードを持つヨーロッパのBitPay顧客のみが禁止の対象となります。グローバルな喧騒の原因は、VisaとWest Crestの間の問題であるようです。

 

*2 auscashen:ドイツ語でキャッシュアウトを意味する。




考察 

まずはじめに誤解しないでいただきたいのが、AdvCash、TenX、Xapo等のプロバイダに何らかの問題があったわけではなく、WavecrestとVisaの2社間でのトラブルによって影響を受けているということです。

 

では何があったのかというと、WavecrestがVisaの会員規則の違反を繰り返していたため、Visa Europeがライセンスを停止したとのことです。TenXはすでにWaveCrestとは別のカード発行体と提携がある様なので、新たなカード発行がある様ですが、その他プロバイダの影響は大きいのではないでしょうか?

 

又、2016年頃から人気を誇っていたWirex(*3) も資金決済法により、日本国内で仮想通貨交換業の登録を金融庁で必要となったためサービスを停止して、さらに今回のWavecrest事件で追い打ちといったところでしょうか。

 

以上の様に暗号通貨のデビットカード市場は非常にシビアな状態にあり、復旧には今しばらく時間を要することになりそうです。Wavecrest社はデビットカード関係で大きなシェアを持っていたので、今回衝撃的なニュースとなっております。

 

筆者個人的にも、暗号通貨市場でデビットカード市場が盛り上がれば、かなりの利便性向上に繋がり、今後のアトミックスワップ(*4) との相性も良いと思っていた矢先でしたので残念です。

 

*3 Wirex:Wirex リミテッドは、イギリスのロンドンに本社を置くビットコイン決済システムを運営する会社である。https://wirexapp.com/ja-jp/

 

*4 アトミックスワップ:種類の異なる仮想通貨を取引所や第三者の仲介無しで交換する事ができる方法。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連リンク先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook - Bitcoin Japan

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter - 管理者

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

CoinPicks公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://thebitcoinnews.com/visa-blocks-hundreds-thousands-bitcoin-debit-cards/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー