CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

今話題のGreenAddressとは...

f:id:imairyouji:20171003153833j:plain

 

【 便利ツール 】

 

今回は便利な「BitcoinWallet」をご紹介致します。

 

Bitcoin Walletといっても、ホットウォレットからコールドウォレットまで様々なものがあります。ウォレットは用途によって使い分けることが望ましいと、私は考えているので、その用途別に各種ウォレットをご紹介致します。

 

まずはじめに、Bitcoinを長期間動かす予定がない場合は、「Trezor」や「Ledger」などのハードウォレット(コールドウォレット)に入れておくのが望ましい。保管できる通貨はBitcoinのみにとどまらず、各種アルトコインにも対応しているため、拡張性や利便性も高い。 

crypto-currency.hatenablog.jp

 

次に紹介するのは、普段使いのBitcoin Wallet。代表的なものに「Copay」や「Bread」などがあります。

 

Copayに関してはアドレスを複数生成でき、1つのアドレスを複数人で管理することも可能。私はCopayでマイニング用、アフィリエイト用、日常用と3つのアドレスを生成して管理しております。これが個人的には非常に便利で管理が楽になります。

 

Breadに関してはシンプルなUIで、直感的に使用していただけます。少し前まではBread Walletという名称だったのですが、アップデートによりBreadとなりました。個人的に面白い機能だと感じたのは、請求機能でより日常使いに役立つのではないかと思います。Breadは今後の機能拡充に注目です。

 

そして最後は、最近注目されている「GreenAddress」の紹介です。 blockchainという会社が立ち上げ、あのBlockstreamが買収。そして、何よりもSegwitに対応した初めてのモバイルウォレットということで注目を集めました。上記TrezorやLedgerもSegwitに対応しているのですが、敷居の低いモバイルウォレットにてSegwit対応というのは素晴らしい一歩となります。GreenAddressを使用することで、Bitcoin使用時の手数料が手っ取り早く下がるため、誰もが恩恵を享受できます。segwit実装によるユーザーへの恩恵はすぐには感じられませんが、このような些細な進歩がユーザーへの復旧第一歩となるのではないでしょうか。

 

最後にTwitterの声をご紹介。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BitcoinMagazine https://bitcoinmagazine.com/articles/greenaddress-now-first-mobile-wallet-offer-segwit-transactions/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨 #イーサリアム #Ethereum #ICO

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「アトミックスワップ」により取引所が不要になる?

f:id:imairyouji:20170929171257p:image

 

本日は「Bitcoin Evangelist」大石さんと「cointelegraph」Guest Authorさんの記事を参考に「アトミックスワップ」について簡単にまとめたいと思います。

 

最近アトミックスワップという言葉をTwitterやブログ等でよくみかけますが一体何のか?何が凄いのか?調べても専門用語が多すぎて分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

 

一言で説明するとアトミックスワップとは「種類の異なるコインを取引所を介さずに対個人で交換する技術」ということになります。少し詳しく説明していきたいと思います。

 

通常、各種コインの交換は取引所を介す事が一般的であり、取引所さえ信用できていれば第三者との取引であっても、スムーズにかつ信用度に関係なく交換が可能となっております。

 

しかし、信用しているはずの取引所であっても、GOXリスク(資金の持逃げ)や破綻、手数料が高額だったりと、ならではのリスクが存在しております。そこで取引所を介さずに個人同士の信用がなくてもコインの交換が可能になれば、先程のリスクが解決されて、よりシームレスで分散的なエコシステムができるのではないか?ということで考案された技術が「アトミックスワップ」なのです。

 

ではどのようにして、個人同士の信用に関係なくコインの交換を完了させるのか?コインを送って逃げられることはないのか?

 

そこには少々複雑な仕組みが存在しております。ここの説明に関しましては、ビットコイン研究所の大石さんの記事がわかりやすかったので引用させて頂きます。

 

ここでは、LTCとBTCの交換を目的として、LTCを先に送るとする。


1.まずLTC側がランダムな秘密の数字Rを作成し、そのハッシュ値を取る。このハッシュ値H(R)を使い、次のような特殊な条件トランザクションを作る。 ○Rが与えられ、ハッシュ値が一致する、かつ、BTC保有者の署名がある場合、このライトコインを取り出せる。

 

2.次に、BTC側が相手にBTCを送る。ただし、この場合も同様、次のような特殊なトランザクションを作る。 ○Rが与えられ、ハッシュ値が一致し、かつ、LTCを保有者の署名がある場合、このビットコインが取り出せる。

 

3. LTC側は、2のトランザクションからBTCを取り出し自分に送金しようとする。そのためには、Rの値と、LTC側の署名をトランザクションに添付しないといけない。

 

4. LTC側がコインを取り出すためにRをブロードキャストした瞬間、BTC側もRの値を知ることになるので、1のトランザクションにRと自身の署名を加え、LTCを取り出し自分に送る。一連の手続きで、コイン交換が行われる。肝は、LTC側がBTCを取り出そうとするとRを公開せざる得ず、そうするとBTC側も同時にLTCを取り出すことができるという点にある。

 

ただし、上記だけだとひとつだけ問題がある。LTC側が何らかの理由でRが公開しない場合、それぞれのコインがトランザクションの中で宙に浮いて取り出せなくなる。そのため、一定の時間が経過したあとは、それぞれ取り出せるリファンド・トランザクションを作り、それもあらかじめ条件に含めておく。

 

いかがでしたでしょうか?少し理解するのが難しいかもしれませんが、今後も重要なHOTワードになってくるので是非頭に入れておいてください。

 

しかし、segwitの導入から日々革新的な進歩がみられます。このアトミックスワップとライトニングネットワークが実装されると、種類の異なる通貨を高速かつ手数料を低減して個人間でやり取りが可能になるとのことなので、より利便性の向上に繋がります。

 

その下地としてのsegwit導入だと考えるといかに大きなイベントだったかが再確認できます。

 

今後もアトミックスワップの動向も追っていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Bitcoin Japan

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Facebook
https://www.facebook.com/japan.btc/
Twitter
https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja
はてなブログ
http://crypto-currency.hatenablog.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用元
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビットコイン研究所
http://doublehash.me/atomic-swap/
cointelegraph
https://jp.cointelegraph.com/news/segwit-first-steps-to-ecosystem-jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#タグ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨
#イーサリアム #Ethereum #ICO

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin169回「 死す 」

f:id:imairyouji:20170927195409j:plain

 

【 便利ツール 】

 

今回は少しマニアックなWEBサイトをご紹介致します。今までと違って英文になっているので解読は難解ですが、使いこなすことができれば最新情報を得ることができる。もし宜しければ、下記URLから確認してみてください。 

 

ビットコインコアコミット統計

Repository statistics for bitcoin-core

_____________________________________

BitcoinOSS(オープンソース)による開発。上記WEBサイトではBitcoin core開発者のGithub上でのコミット数が時系列で確認できます。つまりBitcoinの開発に誰がどれだけの貢献をしているのかが視覚的に確認できるのです。普段はあまり見ることのないページだがBitcoinの開発状況とTwitterを合わせてみると面白いかもしれない。

 

 

 

 

コア開発者の定例ミーティングチャット

IRC Logs for #bitcoin-core-dev | BotBot.me [o__o]

_____________________________________

Bitcoin core開発者が開発の進捗や方針等を毎週木曜日にチャットにて行っており、内容が公開されております。正直私も内容の理解は困難を極めます。英訳できる方は、最新の情報等がここから入手できる為是非一読をお勧めいたします。

 

  

Bitcoin Obituaries

99bitcoins.com

_____________________________________

2017年9月26日現時点で「ビットコインは169回死んだ」!!メディア等でBitcoinが死んだと囁かれた数とソースが転載されている。ここで証明されているように、Bitcoinは何度死んでも蘇るのである。Bitcoinキャズムを超えるまでにあと何回死んでしまうのか数えていきましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

#イーサリアム #Ethereum #ICO

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Schnorr署名」がもたらす変革!!

f:id:imairyouji:20170925105545j:plain

 

つい先日Bitcoin core 0.15.0 がリリースされてUTXOについて記事を掲載させて頂きました。今回はUTXOの基礎知識があることをふまえて、次期アップデートでリリースが期待されている「Schnorr署名」についてお伝えしようと思います。なるべく短く簡潔にお伝えすることを心掛けます。(以下「シュノア署名」とする。)

 

電子署名というと「RSA 署名」や「ECDSA 」などが有名です。その他にも無数の電子署名方式があり、「シュノア署名」もその中の1つとなります。下記にそれぞれの引用を添付させて頂きます。

 

RSA署名とは…

桁数が大きい合成数素因数分解問題が困難であることを安全性の根拠とした公開鍵暗号の一つである。 暗号とデジタル署名を実現できる方式として最初に公開されたものである。http://www.weblio.jp/content/RSA署名 

 

ECDSAとは

ECDSA Elliptic Curve DSA の略で、DSA の改良版。アメリカ政府標準の方式として使われてきたのが DSA だ。アメリカ政府が使う電子機器の仕様を決めた FIPS によって FIPS 186として定義されている。http://www.nttpc.co.jp/yougo/ECDSA.html 

 

なるべく簡単な引用を探したがどれも難しく、正直理解するには専門知識が必要。もし分かりやすく解説できる方がいればコメント欄にて共有をお願いしたい。全ての理解は難しくても、こういうもんなんだとニュアンスを捉えて頂ければありがたいです。

 

そしてシュノア署名とは…

1989年ごろにC.P.Schnorr氏により発明されました。 しかしながら発明と時を同じくしてアメリカ国立標準技術研究所 (NIST) により DSA が提唱されたことや、 2008年まで Schnorr自身の取得した特許により保護されており自由に利用できなかったなどの政治的な理由であまり利用されて来ませんでした。 しかしながら理論的側面だけに注目すると他のどの電子署名方式と比較しても計算が単純で分かりやすく、 またセキュリティ的な根拠もしっかりしていることなどから近年注目を集めています。

https://blog.visvirial.com/articles/721

 

そして、ビットコインSegwitが導入され、次に期待されたいる技術がシュノア署名という新しい署名方式です。

 

ちなみに2017年9月現在は、上記で説明したECDSA署名が使用されております。このシュノア署名は、その他の署名方式に比べて署名がコンパクトで、現在よりも署名検証のスピードが速いと言われております。特徴の1つとして複数の署名を1つに統合できる点と言われております。前回の記事でUTXOについて「UTXOの容量問題を解決し削減するためには、1つのブロックに複数のinputを入れる」「複数のinputを入れ込むとデータ量が増えて、手数量が増えるがsegwitにて解決された」などと説明させて頂きました。

 

crypto-currency.hatenablog.jp

 

従来までは、この1つのinputに対してそれぞれ署名が必要でした。そしてその署名の分だけデータ量が増大していき手数量が増えてしまっていたのです。シュノア署名が導入されれば署名を1つにまとめることができ、サイズがとてもコンパクトになります。サイズがコンパクトになればトランザクション全体のサイズも小さくなり、スケーラビリティ問題にも大きく貢献します。

 

次期アップデートは3月上旬ごろになります。シュノア署名の実装が確定しているわけではありませんが、可能性としては大きくビットコイン復旧に大きく貢献する技術の1つとなるので注目していきたいと思います。

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

#イーサリアム #Ethereum #ICO

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近よく聞くUTXOとは何…?

UTXO:Unspent Transaction Output

 

Bitcoinの履歴を遡るにはどうしたら良いだろうか?

 

多くの人は「ブロックチェーンを遡る」と答えるだろう...

確かにブロックチェーンを遡ればすべての履歴を閲覧することが可能です。しかし、その履歴を1件1件確認していくことの大変さは容易に想像がつくことでしょう。

 

実際はブロックチェーンのデータとは別に、UTXOデータベースというのを作っています。これはブロックチェーンの情報を元にして作られる別のデータベースで、新しいブロックが生成されるたびに更新されており、Bitcoinによる処理の大半はUTXOのデータベースを参照しております。結果、すばやく検索や参照ができるようになっております。

 

このUTXOは「chainstate」というデータベースで管理されており、Bitcoin Coreがバージョン「0.8.0」より実装されました。この変更によりデータサイズが大幅に削減され、ノードはフルトランザクションインデックスを保持する必要がなくなり、bcoinやbtcd、NBitcoinなど他の実装でも一般的な実装方法として採用されました。

 

しかし、バージョン「0.8.0」のUTXOには脆弱性が見つかりました。

 

それはデータベースからトランザクションを確認や検証をする際には、性質上、全アウトプットを含むデータをロードする必要があり、必要なデータが1つのアウトプットであっても、全てのデータをロードする必要がありました。その際にデータの容量が過度に大きくなると、受信したノードがメモリー不足に陥りネットワークがクラッシュしてしまうのです。 さらにこのUTXOのデータ量は年々増加傾向にあり、ユーザーが増え活発になればなるほど増加していきます。

 

下記に全期間のデータ量をグラフ化した画像を添付致します。

f:id:imairyouji:20170921222719p:plain

 

トランザクションを確認する際に、全データのロードが必要になるので、データ量が増加していけばいくほどネットワークのクラッシュに繋がってしまうのです。

 

そこでUTXOのデータ量を削減するために、送金や管理の際に、なるべく1つのブロックにコインをまとめることが望ましいのですが、逆に1度の送信にかかるデータ量が増え、手数料の増加に繋がるためユーザーからすると望ましい手段ではありませんでした。

 

しかし、これらの問題は先日リリースされたバージョン「0.15.0」「segwit」の実装によって改善されました。

 

まずバージョン「0.15.0」により、以前は全トランザクションのロードが必要だったのに対し、1つのトランザクション毎(アドレス毎)にロードが出来るようになりました。それにより10〜20%のメモリーが削減され、UTXOの作成スピードも30〜40%向上しました。しかし、1つのトランザクション毎での生成が可能になったため、スペースは以前よりも必要になっております。

 

そして「segwit」の実装によって、送金や管理の際に、1つのブロックにコインをまとめることで手数料の削減効果も期待できます。segwitはInputデータ(入力データ)を取引内に含めないため、どれだけ小さな取引をまとめてもデータ量に変化はありません。 これらの実装により、UTXOのデータ量を削減することができ、データベースの管理も容易になりました。

 

今後もこの「UTXO」は多くの場面で名前を聞くことになるので、基礎知識として記憶しておくと良いでしょう。

 

このバージョン「0.15.0」のリリースは中国の仮想通貨規制の混乱中に発表がありました。各種通貨の価格が上下している中で、毎日前進しているのは素晴らしいことです。このBitcoinの技術的な動向は今後も目が離せません。

 

次のバージョンアップ「0.16.0」のリリースは半年後となっております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bitcoin Japan


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

はてなブログ

http://crypto-currency.hatenablog.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#タグ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#ビットコイン #Bitcoin #暗号通貨 #仮想通貨

#イーサリアム #Ethereum

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー