Bitcoin Japan

暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

マイニングについて調べたけど専門用語多すぎて挫折した方へ ③

 f:id:imairyouji:20170806112050p:image

 

前回の記事でマイニングの利益計算方法についてご理解頂けたかと思います。

 

前回記事はこちら

▶︎ [goo.gl/fGP442:title]

 

今回は実際にマイニングに必要な物は何かを分かりやすく説明したいと思います。

 

必要な物はこちら!!

https://ethereum-japan.net/ethereum/how-to-build-a-mining-rig/ ( 引用元 )

f:id:imairyouji:20170806140551j:image

さて必要な部品の名前が普段聞き慣れないものばかりなので全然理解できませんよね…でも大丈夫、ご安心下さい。そんなあなたを助けることがこのブログの役割です。

 

CPU

パソコンの部品としてよく耳にする言葉。人間でいう頭脳にあたる部分になります。どんなパソコンでも必ず搭載されております。

f:id:imairyouji:20170806141810j:image

部品自体は物凄く小さいですが、パソコンを使用する上では最重要部品となります。

 

マイニングに関しては使用率は3%と少ないため検討する際のCPUグレードはCeleronで十分となります。

 

GPU

f:id:imairyouji:20170806144531j:image

あれ?CPUと部品が似てますよね?パソコンの部品って初心者目線だと区別が付きにくくてややこしいのです。しかし、その役目はCPUとは全く異なりGPUは画像処理を専門とした部品になります。

 

パソコンで綺麗に画像や動画をみたり、鮮明な画面でゲームが出来ているのは、他でもないこのGPUがあってこそになります。

 

マイニング関して言えば、前回の記事で説明したように、GPUは利益に直結する部品になります。そのせいか、RX-470というシリーズはプレミアが付き、最安値の2倍の値段が付き販売されております。

 

M/B ( マザーボード )

f:id:imairyouji:20170806145047j:image

さてお次はマザーボードの紹介。マザーボードとはその名の通り母のような存在。細かな部品を1つにまとめ電気回路作り共有する役目があります。先程のCPUやGPUを接続するものになります。

 

上記画像のようなBIOSTAR TB250-BTCというマザーボードGPUを6枚差し込むことが可能で、なおかつ安価なのでオススメです。ちなみに通常は3〜4枚差し込みが多いです。

 

ライザーカード

f:id:imairyouji:20170806150137j:image

ライザーカードとは先程のマザーボードに機能を追加するための基盤になります。主にマイニングではGPUを差し込むスロットを追加する際に使用します。

 

さらには、ライザーカードを使うことでGPU同士を離して設置できるので放熱性にも優れ、結果部品の寿命を伸ばします。

 

RAM

 f:id:imairyouji:20170806151110p:image

RAMやROMという言葉を聞いたことはありますか?CD-ROMは良く聞いたことがあると思いますが同じ意味があります。( 今の子はCD-ROMをもしかして知らない…?? )

 

簡単に説明すると、データを読み書きする部品になります。明確にはRAMとROMには違いがあるのですが、ここでは割愛させて頂きます。

 

マイニングに関しては、パソコンを動かすための最低限のグレードで良いため価格も抑えられます。

 

電源ユニット

f:id:imairyouji:20170806151726j:image

マイニングは365日24時間稼働させる必要がある為、安定した電源供給が必須となります。電源には80PLUSという規格があり6段階で用意されています。

f:id:imairyouji:20170806152207j:image

上記のような認証マークが付いていれば、問題ありませんのでここは妥協をせずに購入すべきです。

 

ケース

f:id:imairyouji:20170806154505j:image

マイニングの部品は強烈な部品を発する為、部品は剥き出しにしてメタルラックに積むのが一般的です。

 

OS

OSとはパソコンを動かす為の基本的なソフトウェアになります。GPUを4枚以上積むとWindows7では不具合が発生する為、Windows10を推奨致します。

 

以上がマイニングをするにあたっての必要な部品となります。最後に部品単体の価格と合計金額のご紹介をして終わりたいと思います。

 

CPU 単価 ¥4,181

GPU 単価 ¥34,580

マザーボード 単価 ¥12,368

ライザーカード 単価 ¥962

RAM 単価 ¥4,018

電源ユニット 単価 ¥22,030

連動起動ケーブル 単価 ¥1,346

ケース 単価 ¥3,678

OS 単価 ¥12,742

 

合計:¥95,905

 

どうですか??

思っていたよりもお値打ちでしたか??

 

しかし、この金額はあくまでGPU1枚での計算になります。より利益を増やす為にGPUを増やしていくとその分費用も増えていきます。ただこの金額でマイニングにチャレンジできると思えばお値打ちかもしれませんね!

 

以上過去記事3回に渡ってマイニングについてわかり易く説明したつもりです。しかし実際にやろうと思ってもなかなか難しいものです。そこで本気でチャレンジしてみたい方、話をもっと詳しく聞いてみたい方が見えれば私にDMまたはコメントを下さい。

 

マイニングのプロをご紹介致します。

事実私もその方の助けがあってこその今です。

 

連絡は下記Twitter又はブログコメント欄にて...

Twitter:@imai_ryouji

 

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨はCoinCheckがオススメ!!


勉強になったらポチッ!