CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」 実は重要な情報というのは、ほんの僅かしかありません。 氾濫した情報の中から、独自の私見で厳選した配信をしています。

CMEのビットコイン先物取引は12月第2週に取引開始

有料会員様用に配信しております、レポートを無料解放致します。有料会員に登録頂きますと、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

 

CoinPicks公式アカウントはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

 

Picks

CMEの最高経営責任者(CEO)テリー・ダフィー(Terry Duffy)が12月の第2週までにビットコイン先物取引を開始するとのこと。これを受けてCMEグループの株式は過去最高の140ドルとなった。CMEの取引開始が成功した場合、ゴールドマン・サックスが後に続く可能性がある。その1週間後にCMEのビットコイン先物取引が12月11日に開始される予定だと新たな情報が発表された。その後すぐに先ほどの発表は「誤報だとロイター通信に語った。

*CME:アメリカ合衆国シカゴにある商品先物取引所及び金融先物取引所

 

ゴールドマン・サックスアメリカ合衆国ニューヨーク州に本社を置く金融グループである。




CMEのビットコイン先物取引は12月第2週に取引開始

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が先物取引を開始すると発表して以来、誰もが疑問に思っていたのは「それがいつなのか?」ということだ。CNBCのインタビューで、CMEの最高経営責任者(CEO)テリー・ダフィー(Terry Duffy)がその質問に答えた。「計画通りに行けば、世界最大のオプションと先物取引所は12月の第2週までにビットコイン取引を開始する。未来はここにある。」と彼は語った。

 

10月31日、CMEグループは、先物取引ビットコインで可能になるという発表を行い、これがデジタル通貨を大きく値上がりさせるという激しい憶測を促した。1週間後、CMEはビットコインフューチャーの詳細を明らかにし、ビットコインが25ドル単位で取引され、前回の決済価格の20%以上または以下の振れ幅を持つことに言及した。

 

先週の発表によると、ビットコイン価格が30%下落した場合、取引は一時的に中止される。12月の先物取引公開までに、Segwit後の騒動のほとんどが落ち着くことが期待されているが、ビットコインの軌跡をたどった人は誰もが知っているように、突然の値動きはいつものことである。

 

*CNBC:10月に開局した24時間マーケット・経済専門チャンネルです。

 

*segwit:「スケーラビリティ問題」に対する一つの解決方法です。




クリスマスは早く来る

CMEのビットコイン先物が本採用になるまで後一息というニュースは、あらゆる面で投資家たちに利益をもたらす可能性がある。伝統的な株式はビットコインの恩恵を受けている。例えばNvidiaなどの企業は、マイニングのおかげで株価が急騰。今年上半期のNvidiaの株式は50%上昇し、現在は約213ドルで取引されている。

 

CMEグループの株式は今日も上昇しており、過去最高の140ドルとなった。CMEのビットコイン先物が成功すれば、ゴールドマン・サックスが後に続く可能性がある。ロイド・ブランクスタイン氏は、ビットコイン部門の設置を「排除しない」と述べている。先物取引の開始でビットコインの価格が上昇すれば、仮想通貨にとって象徴的な年になるだろう。

 

Nvidiaアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。




1週間後のCME最新ニュース

CMEグループの今後のビットコイン先物取引について、規制による遅れがなければ、12月11日に取引が開始される予定だと新たな情報が発表された。

 

デリバティブ(金融派生商品)取引所オペレーターは先週CMEのCEO、テリー・ダフィーの一大ニュースを報じたのに続き、同社のウェブサイト上での契約開始に関する情報を公開している。 先週の時点でダフィーは、取引は早ければ12月の第2週にも開始できるだろうと述べていた。

 

各契約はCME GlobexとCME ClearPortシステムの両方で取引され、CMEの既存のビットコイン価格指数を使用し、Business Insiderによって以前に報告された1ロット5BTCで構成するだろう。同社によると、スポットポジションの限度は1,000ロットに設定されている。

契約については、最低価格変動(または「価格変化の最小単位」)はビットコインあたり5ドルで固定されており、それぞれ合計は25ドルとなるとCMEは説明した。CMEのウェブサイトに掲載されているその他の資料も、ビットコインにおける潜在的な価格の振れ幅をうまく売買する方法を示している。

「特別価格の変動限度額は事前決済価格の7%を上限とする。決済価格の20%を超える取引は許可されません」と同社は説明している。

 

デリバティブより基本的な資産や商品などから派生した資産あるいは契約である。

 

Business Insider:アメリカ合衆国のビジネスや技術ニュースの専門ウェブサイト。




考察

毎週のようにCMEを含めるビットコイン先物に関するニュースが配信されております。現在はCME、ゴールドマンサックス、シカゴオプション取引などといった大手金融会社が名を連ねており、つい先日「JPモルガン・チェース」までもが、年内に先物を検討するとの報道が流れてきました。JPモルガンジェイミー・ダイモンCEOは「ビットコインは詐欺」「取引に関わる社員は即クビ」などと否定的な言動を発していたことで有名。

 

大手金融機関もとうとうビットコインという存在を無視できなくなったということが分かり、成功事例が出来れば後は芋ずる式に参入してくることが分かります。価格に関して言えば、ビットコインは何が起こるか分からず、それが醍醐味の1つ

ではあるものの避けておりました。しかし、現在の流れは非常によい流れであり、間違いなく価格に好影響をもたらすと筆者も思っております。

 

ただ気を付けなければいけないのが、機関投資家の参入やFX等で鍛えられたプロの参入があるということは、トレードがさらに難しくなることが想像されます。下手にトレードをしていくよりも、ビットコインの未来を信じて安全なハードウォレットにて眠らせておくことが賢明かもしれません。

 

ハードウォレットに関して、何を使えばいいのかわからないという方は個別にご相談下さい。

 

ちなみに冒頭のPicksでも色を変えて強調しておきましたが、CMEの12月11日に取引開始というニュースは誤報とのことでロイター通信に発表されておりますので、認識のお間違いにお気をつけ下さい。


JPモルガンアメリカ合衆国に本社を置く投資銀行

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連リンク先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook - Bitcoin Japan

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter - 管理者

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

CoinPicks公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://news.bitcoin.com/cme-bitcoin-futures-launch-second-week-december/

 

https://www.coindesk.com/cmes-bitcoin-futures-likely-start-trading-december-11/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー