CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

Mimblewimble、最初のテストネットを開始

今回は有料会員様用に配信しております、レポートを無料解放致します。有料会員に登録頂きますと、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

 

CoinPicks公式アカウントはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

 

Picks

Bitcoinのスケーラビリティ問題(*1) を解決するための手段んとして、Mimblewimble(ミンブルウィンブル)(*2)  というソリューションの、テストネットを実行すると発表があった。スケーラビリティ問題とプライバシー機能の向上に期待ができるソリューションとして注目されている。

 

非常に難しい技術ですが重要な技術ですので、一番下の考察にて分かりやすく説明します。

 

*1 スケーラビリティ問題ビットコインの1ブロックのデータ上限は1MBと決まっており、データの処理速度がその他決済システムと比べると非常に遅くなってしまう問題。詳細はこちらhttp://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2016/10/20/134051

 

*2  Mimblewimbleビットコインサイドチェーンとして追加することで、オリジナルチェーンの上でスケーラビリティとファンジビリティを向上させることができます。




Mimblewimble、最初のテストネットを開始

仮想通貨の送金及び伝達速度を変える方法はたくさんある。ブロックサイズの増加、SegWit、およびRaidenは、頭に浮かぶ名前の一部だ。Mimblewimble(ミンブルウィンブル)はBitcoinのスケーラビリティ問題を解決するために最初に開発されたもう1つのソリューションだが、ここ数ヶ月でこのプロジェクトからの発表はあまり聞かない。今回開発チームはテストネット上でコードを実行する準備が整ったと発表した。




Mimblewimble開発はまだ進行中

新しいスケーリングソリューションがテストネットを取得するのは常に良いことだ。Mimblewimble は、特に1年以上前に発表されたことを考慮しても、興味深いプロジェクトだ。今週の初めまでは、このプロジェクトがこれから実現するという兆候はなかった。しかし、Mimblewimbleの最初のテストネットがついに登場した。まだ実験的に過ぎないが、開発者によって大きな進歩があった。

 

Mimblewimbleが大きな関心を寄せている主な理由の1つは、スケーラビリティとプライバシーに重点を置いていることだ。現在このプロジェクトの詳細を知っている人はほとんどいない。新しいテストネットは、開発者がコードで何をしているかを見て、このスケーリングプロトコルを利用してアプリケーションを構築することを可能にする。

 

開発者は、コードがまだ実験的なものであることを前提として、途中でかなりの数の問題に遭遇する可能性が非常に高い。だからテストネットにてソフトウェアの問題を特定して解決しようとしている。

 

Mimblewimbleのテストネットのコードと関連する指示はGitHubにある。このプロジェクトのユニークで複雑な性質を考えると、手元に説明書を用意することは良いことだ。実際、アクセシビリティは開発の初期段階でソフトウェアに影響を及ぼす問題だが、この最初のテストネットは他の誰よりも開発者のために設計されている。

 

Mimblewimbleの本来の通貨はBitcoinではない。テストネットコインは「Grin」と呼ばれ、テストネット自体は「Grin」と呼ばれます。しかし、Bitcoin開発者は、一度安定したらこの機能を統合することが可能だ。しかし、途中でかなりの数のテストネットが存在する。今後数ヶ月以内にこの実装が実現することを期待してはいけない。

 

Mimblewimbleの将来のバージョンでは、Lightning Networksが一部の容量でサポートされることは間違いない。この提案は、コードが確実に動作することを前提としてしている。仮想通貨でスケーラビリティソリューションとプライバシ指向の機能については多くの課題がありますが、Mimblewimbleにとっては面白い未来がある。





考察

ビットコインが今後より発展していくためには、「スケーラビリティ問題」の解決が非常に重要になってきます。この問題が解決しないことには、将来ビットコインが決済システムとして成り立つことは難しいと言っても過言ではありません。

 

というのも、ビットコインの中に収めることができるブロックデータ容量には制限(1MB)があり、新たなブロックが生成されるのは約10分に1度と決まっております。ビットコインの需要が増加する程に1ブロックのデータ容量はすぐに上限に達してしまい、次のデータを入れるためには10分の待ち時間ができてしまいます。これでは決済システムの活用は難しいとしか言わざるをえません。ちなみに何のデータを1MBのブロックに入れているのかというと、簡単に言うと送金の金額や送金相手の宛先等がブロックに格納されます。

 

この1MBのブロック容量が原因で発生する、問題をスケーラビリティ問題と言います。この問題を解決する技術が最近実装された、Segwit(*3) であり、ビックブロック思想からなるビットコインの分裂であり、Mimblewimbleということになります。

 

このMimblewimbleはSegwitとは違った解決方法でスケーラビリティ問題を解決することができます。本来はこちらで説明したいですが、かなりマニアックになるので興味のある方は個別で私に聞いてください。


*3 segwit:「スケーラビリティ問題」に対する一つの解決方法です。データの署名部分をブロックから取り除くことで、データの圧縮をすることができる。詳細はこちらhttp://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2016/10/27/120741#Segwitが行われると

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連リンク先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook - Bitcoin Japan

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter - 管理者

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

CoinPicks公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

https://themerkle.com/mimblewimble-launches-first-of-many-testnets/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー