CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」

BitpayはBCHを取り扱う

今回は有料会員様用に配信しております、レポートを無料解放致します。有料会員に登録頂きますと、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

 

CoinPicks公式アカウントはこちら

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

 

Picks 

世界最大のビットコインウォレットのBitpayは、Visaカードの読み込みから始まる請求をビットコインキャッシュ(BCH)にて請求、決済を可能にするとのこと。BTCでの支払いは継続して行うとのこと。顧客は選択した通貨で支払いを受け付けることができる。




BitpayはBCHを取り扱う

12月15日、世界最大のビットコインウォレットのBitpayは、複数通貨の支払いを処理すると発表した。Bitpayが利用することを選択した最初のアルトコインは、ビットコインキャッシュ(BCH)である。

 

Bitpayは、BCH支払い処理を発表、BCHサポーターを喜ばせた。Bitpayの商用利用とデビッドカードは、会社が統合を完了するとすぐにBCHで利用することができる。同社は、複数の仮想通貨をサポートするために何年もの間に複数のリクエストを受けていると説明している。同社は、他のブロックチェーンからの支払いを受け入れることを取り扱い業者に許可すると、新しい顧客基盤を開くことができると考えている。Bitpayが代替ブロックチェーンに移行しているもう一つの理由は、BTCの混雑と高い手数料のためでもある。

 

Bitcoin.com の発表によると、「BTC取引の需要は容量を上回っていて、BTCネットワークでのマイニング手数料が上昇しています。複数のブロックチェーン決済オプションを使用することにより、顧客は、機能、送金時間、および手数料レベルを選択することができます。

 

BCHはネットワークの確認が早く、手数料が大幅に減ります。

 

Bitpayは、BTCネットワークを放棄せず、引き続き支援すると語っている。彼らは、ネットワーク取引をより手頃で信頼できるものにするためのアイデアを研究し開発している。これには、ライトニングネットワーク(*1) とSegwit(*2) の実施を支援することも含まれる。Segwitがネットワークを高速化するのに役立つかもしれないBitpayの詳細だが、今の状況は複雑である。  

BitPayは「平均取引手数料はすでに20ドル前後で、BTCだけではブロックチェーン決済の現在の需要に対応できないことを理解しています。BCHは、BTCのフォークによって作成されたブロックチェーンです。これにより、ネットワークの確認を大幅に高速化し、手数料を大幅に削減することができます」

 

*1 ライトニングネットワーク:少額支払いを可能にし、手数料を削減し、ビットコインをスケールさせるための技術。

 

*2 Segwit:「スケーラビリティ問題」に対する一つの解決方法です。データの署名部分をブロックから取り除くことで、データの圧縮をすることができる。結果、送金コストを安価にすることができる。詳細はこちらhttp://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2016/10/27/120741#Segwitが行われると





BitPayの請求書のデフォルトはBCHに設定 

BitpayはVisaカードの読み込みから始まるBCH利用の最初のステップを明らかにする。さらに2018年初頭に、Bitpayの請求書はすべて初期設定がBCHになるが、顧客は引き続きBTC請求書を利用することができる。アトランタに本拠を置く同社は、BCHインボイス導入の開始前に、事前に通知する予定だと述べている。「あなたは価格変動によるリスク無しに、選択した決済タイプで受け取ることが出来る」とBitpayは結論づけた。




考察

Bitpayは2011年にビットコインによる決済の受け付け、法貨で受け取りが簡単にできる決済代行サービスとして開始。マイクロソフトやペイパル、楽天など既に多くのユーザーを抱える大企業を含む、世界60,000以上の店舗と契約を結んでいる。

 

そのBitpayが8月25日頃にNYA(*3) 支持を表明しビックブロック派(*4) としての立ち位置を明確にしました。その時に問題となったのがSegwit2x(*5) 問題である。結果として、Segwit2xは不発に終わりNYAは解散となりましたが、ビックブロック派の立ち位置は変わらず、Segwit2xへの支持からビットコインキャッシュ(BCH)への支持へと変わりました。

 

そのことから、いずれBitpayがBCHを基礎通貨として支持することは、可能性として十二分として考えられていたが、いざBitcoin(BTC)を差し置いてBCH支持が事実行われると驚きは隠せない。

 

Bitpayのような大手がBCHを基軸とした動きが始まると、後に続くものも現れると思われる。余談ではあるが、国内大手のBitflyerもNYAの支持をしておりました。

 

筆者的にはBTC派BCH派、というポジショントークをするつもりはないが、BCH派の言い分としてBTCのスケーラビリティ(*6) の問題、指摘があげられる。しかし、裏を返せばBTCは10分に1MBのコンセンサスというプロトコル(規格)を、一度も覆されることなく2009年より継続してきた。この価値は他の何にも代えがたいと感じている。

 

そして、スケーラビリティ問題に関してはレイヤー2(*7) やライトニングネットワークといった解決策も用意されているため、この問題が永続的に続くわけではないと感じている。

 

Bitpay:https://bitpay.com/

 

*3 NYA:ニューヨーク合意(ニューヨーク協定/NYA/New York Agreement)とはビットコインに「Segwit2x」という実装を備える事を2017年5月23日にマイナー・事業者などが調印した合意の事を言います。

アメリカのニューヨークで調印が行われた事から「ニューヨーク合意」「ニューヨーク協定」「NewYork Agreement」「NYA」と呼ばれます。

*4ビックブロック派:ビットコインの1MBのブロックサイズを上げてしまおうという考えの人たちの総称。

 

*5  Segwit2x:11月に予定されていたビットコインのハードフォーク分裂問題「segwit2x」リプレイプロテクションの実装がなく、無知なユーザーがビットコインの紛失やトラブルの原因が発生する可能性があった。さらにはNYA支持者はこのハードフォークによって生まれたビットコインを本物のビットコインとして支持していくことを表明していた。

 

*6 スケーラビリティ問題:ビットコインの1ブロックのデータ上限は1MBと決まっており、データの処理速度がその他決済システムと比べると非常に遅くなってしまう問題。詳細はこちらhttp://www.tottemoyasashiibitcoin.net/entry/2016/10/20/134051



*7 レイヤー2:ブロックチェーンから離れたオフチェーンのことを言います。ビットコインのライトニングネットワーク、Ethereumのライデンネットワークなどがあります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連リンク先

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook - Bitcoin Japan

https://www.facebook.com/japan.btc/

Twitter - 管理者

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

CoinPicks公式LINEアカウント

https://line.me/R/ti/p/%40abg3669g

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

https://news.bitcoin.com/bitpay-plans-to-use-bitcoin-cash-for-payment-invoices-and-debit-loads/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー