CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」 実は重要な情報というのは、ほんの僅かしかありません。 氾濫した情報の中から、独自の私見で厳選した配信をしています。

LINE社の仮想通貨市場参入

 

CoinPicksのオンラインサロンにて配信しているレポートの内容を一部ブログにてご紹介しております。当サロンでは、情報をより早く入手できると同時により深い考察や様々なレポートを閲覧することが可能です。

オンラインサロンはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/761/

 

 

Picks

日本で最も人気のあるSNSのLINEは、「LINNEファイナンシャルコーポレーション」という子会社の設立を発表し、仮想通貨取引所の運営をするために、金融庁へ申請を行った。現在申請は継続中。



LINE社の仮想通貨市場参入

日本で最も人気のあるSNS、LINEは仮想通貨の取引所設立の計画を発表した。ラインコーポレーションは既に、同国の金融規制当局へ仮想通貨交換業の登録を申請を行いました。

 

同社はLINE PAYをフォローアップし、ファイナンスビジネス分野における地位をさらに強化するために、「LINNEファイナンシャルコーポレーション」という子会社の設立を発表した。今後、LINEアプリから仮想通貨、ローン、保険などの交換や取引を含む様々な金融サービスを提供するための準備を進めるために、この新会社をベースにしていきます。

 

LINE PAYは、LINEチャットアプリにリンクされたモバイル送金と支払いサービスです。

 

2014年に発足し、日本全国の30以上の銀行と取引を締結し、プラットフォームとして即座に取引ができるようになりました。同社の発表によると、LINE PAYの登録ユーザーが4000万人に達し、昨年のグローバル取引量が450百万円(414万米ドル)を超えたと主張しております。しかし同社は、新しい仮想通貨取引所がLINE PAYに統合されるかどうかは未定。




金融庁の審査は実行中

昨年4月に日本で決済サービス法が施行されて以来、仮想通貨取引所を運営する企業はすべて、金融庁(FSA)に登録する必要があります。同社は現在金融庁にて審査中とのこと。

 

最近のCoincheckハッキング事件の影響もあり、FSAは慎重な審査を行っている。通常、登録承認をするのに2カ月かかるが、現在は4カ月以上にわたってレビューされている。

 

Linear Corporationの社長兼最高経営責任者(CEO)の上澤毅は、「セキュリティはラインの優先事項だ」とコメントした。

 

韓国で最も人気のあるチャットアプリ「カカオトーク」が支援しているUpbitは韓国で最大の取引所tなった。その際にLINEは取引所の発表をした。Upbitは米国のBittrexとの提携により120種以上のコインをリストアップしているが、LINEが今後何種類の通貨をサポートしていくのかは未定だ。




考察

これはご存知の方も多いニュースとなるが、筆者としては非常に注力するべき点だと感じている。日本国内の人口約1億2600万人に対して、LINEのユーザー数は約7000万人。単純計算約56%の国内ユーザーが存在する。bitFlyerが2017年11月2日に行ったキャンペーンの際に「ユーザー数100万人」という告知をしていたので、そのデータを参考にするとLINEユーザーのたった「1%」でも取引所の活用に繋がれば70万人とbitFlyerのユーザー数にほぼほぼ近づいてしまう。LINEの影響力から1%という数字はまずありえないので、間違いなく国内最大手の取引所になっていくことが想像できる。

 

ちなみに世界最大の取引所Binanceのユーザー数は300万人。

 

さらにLINEのユーザー数は国内のみに留まらない。台湾、タイ、インドネシアと今後の鍵を握る発展途上国のメインSNSとしての地位を勝ち取り、先日はソフトバンクからの資金提供も受け、今後のユーザー数拡大と「LINEファイナンス」の活用の幅に期待を抱くばかりとなる。

 

さらにいえば、主要SNS仮想通貨取引所の相性の良さは既に近しい事例があり、利便性の拡大を裏付ける根拠もある。それはLINE自身もっとも参考にしている企業、テンセント社の「Wechat(微信)」

 

Wechatは中国約14億人という大国で約11億人が使用しているSNSです。従来のチャット機能に「Wechat PAY」という決済機能が付き、アプリ上で電気代や家賃、買い物まであらゆるものの決済が1つのアプリ上で完結してしまう。

 

このWechat内で生活アルゴリズムが組まれ、コミュニティーが形成され、ユーザーの利便性を向上させ、飽き性である中国人ユーザーの心を離さない。

 

ご存知の通り、中国国内では仮想通貨取引所の利用が停止しており、事実上売買をすることができない。しかし、取引所がなくても中国人投資家や個人はWechat内でコミュニティーを活用し個人間取引(P2P)を行っている。もはや取引所がなくても、政府に仮想通貨の禁止を言い渡されても、この動きを止めることができない程までに「イノベーション」を与えている。

 

LINEはこの動きを見て、今後どのようなプラットフォーム形成をしていくのか非常に注目すべき点なのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CoinPicksオンラインサロン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインサロンはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/761/

Twitter

https://twitter.com/imai_ryouji?lang=ja

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://news.bitcoin.com/japan-popular-chat-app-launching-cryptocurrency-exchange/ 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おすすめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MONAコインならZaifがオススメ!!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CoinCheckの登録はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ご愛読ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー