CoinPicks

海 外 の 暗 号 通 貨 の 情 報 を「 1分で把握 」 実は重要な情報というのは、ほんの僅かしかありません。 氾濫した情報の中から、独自の私見で厳選した配信をしています。

Twitter創業者が語る「ビットコインは10年後世界共通通貨になる可能性」

 

f:id:imairyouji:20180226114740p:plain 

Twitterとモバイル決済プラットフォームのSquareの創業者 "ジャック・ドーシー" はビットコインに関して「現時点では有効な通貨としての能力はない」とコメントをした上で、「10年以上掛かるかもしれないが、ビットコインは世界共通の通貨になり得る、もしかしたら10年掛からないかもしれないが...」と付け加えています。

 

ジャック・ドーシーが関わっている、両サービスは仮想通貨市場でも非常に話題になっている。

TwitterFacebookGoogleと同じく、プラットフォーム内での仮想通貨に関する広告の禁止を検討しており、この動きは筆者は「不要」だと感じています。

なぜならば、広告禁止の問題は情報感度の低い利用者保護の観点から決定されていると思いますが、この問題は仮想通貨市場に限ったことではないと共に、利用者自信が情報感度を高める努力が必要になってくると思います。

でなければ、情報格差から生まれる貧富の差が埋まることはなく、ユーザーはいつまでたっても子供のままでいることを余儀なくされます。

また、子供から大人へ情報感度を向上させる事こそ、仮想通貨の非中央集権という「自己管理の世界」に立ち入ることができるのではないかと思います。

 

もう一つのサービスが、モバイル決済プラットフォームのSquareです。

Squareは「スクエア・キャッシュ」と呼ばれるアプリケーションは、現在サンフランシスコにてテスト中です。

オンラインサロンでもスクエアキャッシュについて説明させてもらいましたが、非常に面白いサービスで、このサービスは仮想通貨による決済を大衆化させる可能性を秘めています。

 

このようにジャック・ドーシーは仮想通貨市場の話題の中心となっており、ビットコインの「スケーラビリティー」 (*1) と呼ばれる問題の解決を助けるために、「Lightning Labs」というビットコインのライトニングネットワーク (*2) を開発している組織に250万ドル (約2億6千万円) の投資をしています。

 

*1 :スケーラビリティー:Bitcoinは1ブロックあたりのデータ上限は1MB(1,000KB)と決まっており、約10分に1度1ブロックを処理することができます。

しかし、データ容量が1MBを超えてしまうと、約10分後に処理されるブロックでの処理になるため、データ容量が大きくなればなるほど、データの処理速度が非常に遅くなってしまう問題です。

 

*2 ライトニングネットワーク:ブロックチェーンから離れたブロックで取引を可能にする技術の内の一つを言います。

  

THE TIMES

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ オンラインサロン

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

海外の主要メディアや著名な人物の発言から、独断と偏見のある考察を加えて配信します。ニュースに対する深い考察やレポートは下記オンラインサロンにて "会員様限定" で配信しています。 また当サロンでは、30代の仮想通貨に対して不安がある "主婦の方" 、20代の情報が追いきれていない "サラリーマンの方" にご評価頂いています。

lounge.dmm.com

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

筆者が最も活用している取引所「bitFlyer

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ご愛読ありがとうございます!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::